北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
■カレポート「水道橋/神保町 仙臺」★★

 

神保町ならカレーでしょシリーズ。錦華通り(カレー通り)沿い。えびめし、コールスローとくれば「いんでいら」だが関連はなさそう。カレーは激しくブラック! これ、欧風カレー? デフォでも良い感じに辛い。特筆はその値段。450円!(たぶんランチのみ)

| なぜラーメンなのか | カレポート | 00:00 | - | - | - | - |
すすきの「雪風」★

 

またまた味噌。「せっぷう」かと思いきや「ゆきかぜ」だって。濃厚味噌というコピーに魅かれて来てみたが、それほど濃厚ではなかった。味的にも平板な感じ。油ギッシュなチャーシウ旨し。800円

| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:01 | - | - | - | - |
すすきの「喜来登」★★

 

狸小路アーケード沿い。連続の味噌。バランスの良いやさしいお味。薬味(ネギ)が大量に乗ってくるのだが、それを迎え撃つにはスープがあっさりすぎる。700円

| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:00 | - | - | - | - |
東本願寺前「信玄」★★★

 

市電東本願寺前が最寄だが、すすきのから歩ってもすぐ。下調べしていたコク味噌「信州」をオーダー。その後のお客も圧倒的に「信州」。まさに“コク味噌”のひとことに尽きる白眉のスープ。小林製麺の超多加水パッツンちぢれ麺。完璧な相性。すみれ(純連)、けやき、に続く3回目の感激味噌。この季節に来て良かった。760円

| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:01 | - | - | - | - |
月寒中央「佳」★

 

なぜか札幌で豚骨魚介。しっかりした中太ストレート麺が良い感じ。スープは定番の味。魚粉がいらないのと、分厚いチャーシウがイマイチ。700円

| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「ひのとり」

 

この一帯で唯一残っていた未食店。にぎやかな店に挟まれた鰻の寝床。博多鶏炊き濃厚ラーメンとのことだが、要は鶏白湯。中太ちぢれ麺というのがちょっとオリジナルか。変なテイストの麩はやめたほうが良いだろう。780円。新年早々無星が続く。

| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
代々木/新宿「鷹の爪」

 

明治通り沿い。大好物の旭川ラー。いきなり低加水と多加水から麺を選べる(小林製麺)と、いやがうえにも期待が高まる。旭川なら低加水でしょ。初なのでセオリー通りデフォの醤油にするが、これが失敗だったかも。あまりに普通。旭川だからと期待していた醤油も強くない。キクラゲも余計。焦がしラードにするべきだったかもだが、その値段はなんと880円。そのうちもう一回来てみるか。700円

| なぜラーメンなのか | 代々木 | 00:00 | - | - | - | - |
市ヶ谷「ガガナラーメン極」

 

ガガナは池袋の人気店。「極」はかの渋谷の名店「ちっちょ極」から。ということで期待したが、バランスの悪い濃厚魚介スープ。さらに水菜の青臭ささがプラス。そして高額の根拠が感じられない。ところが「カレー魚粉」をいれた途端バランスが修正された。これを入れる前提なら一つ星。830円

| なぜラーメンなのか | 市ヶ谷/麹町 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「一竜」

 

お目当ての本郷の店が閉店していたので清水坂下へ。今や5,6軒を数える激戦区。一番新しいチェーン店に「たぶん未食」ということで入って見る。予想どうり豚骨臭なしのまったく“本格的でない”博多ラー。しかも高い。680円

| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
秋葉原「田なかsecond」

 

初ラーなので万全を期して大塚で既食(かなり良かった)のこの店へ。ところが。アジ煮干しとのことだがなんか煮干しが浮いている。変な甘味は別の具材のせいだろうがとにかくまとまりがない。さらにホロホロのチャーシウも、今さらの太いメンマもマイナス。塩だったら良かった?それはないだろう。780円

| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE