北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
■カレポート「神保町/小川町 大勝軒」

 

山岸氏の秘蔵のレシピによるカレーライスとのことで、全身全霊で味わってみたが、どう味わっても普通の和風カレーだった。770円

| なぜラーメンなのか | カレポート | 00:00 | - | - | - | - |
神保町「春日亭」★

 

わざわざ油そばを食べに出かけることはまずないが、これだけ近く(三省堂向かい)に出来てしまったので、行ってみる。まったくもってどうってことない油そばで、麺はいまひとつ感心しない(ボソボソしすぎ)。いまどき600円未満は貴重だ。580円

| なぜラーメンなのか | 水道橋/神保町 | 00:00 | - | - | - | - |
神田「わいず」★

 

家系の老舗。かなり濃厚。豚骨臭も含め限界ぎりぎりのジャストをついている。生姜がないのが残念。チャーシウの焦げ臭いのが気になった。720円

| なぜラーメンなのか | 神田 | 00:00 | - | - | - | - |
九段下「八咫烏」★

 

新店。かなり分かりにくい場所(斑鳩裏)。和風清湯醤油(黒)。低加水全粒粉細麺。低温調理チャーシウはハムみたい。まあ今風な中華そばということ? メンマなし。750円

| なぜラーメンなのか | 飯田橋/神楽坂 | 00:00 | - | - | - | - |
神保町「いそろく」★

 

油そば→家系ときて、こんどは背油豚骨醤油、さてこの店はいつまでもつか。背油は控えめだがベースのスープが濃厚なのでちょうど良い。このクリーミーなスープのみが売り。全体に家系に近い(メンマもないし)。650円

| なぜラーメンなのか | 水道橋/神保町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「魯山人羅麺 廣山」

 

なぜかまた来てしまった。今度は普通の値段の醤油。薬味の細かい微塵切りが乗っている以外は普通。チャーシウなし。スープは中華出汁そのままって感じ。680円

| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「魯山人羅麺 廣山」×

 

価格ゆえなかなか行く気になれなかったこの店。ネタ切れで行ってみた。どうせならとトップメニューの特選味噌。麺もスープも平凡。味変の辛玉もさっぱり辛くなく、しょっぱくなるだけ。スペアリブもボリュームだけで味的にまったく工夫なし。やたらでかい器も食べるのにマイナス。醤油は普通の値段なのでまた来ることは……あるか? 1200円

| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
■カレポート「神田/100時間カレー」★

 

神田(もちろん含神保町)カレーグランプリ1位の店。期待しすぎだったのかもしれないが、これが1位ですかって感じ。要は万人に受け入れれやすい味と言うことだろう。欧風とうたっているがむしろ和風では? インドではない=欧風ということか。590円は評価できるかも。

| なぜラーメンなのか | カレポート | 00:00 | - | - | - | - |
神田「徳福」★

 

都内に四、五軒ある(しかない)徳島ラーの店。残念ながら徳島にこの店はない。豚骨醤油に甘いバラ肉という定番。もうすこし豚骨臭があったほうがリピートしたくなるのではないだろうか。720円

| なぜラーメンなのか | 神田 | 00:00 | - | - | - | - |
秋葉原「むぎとオリーブ」

 

銀座と違ってこちらは行列がないということで行ってみた。その通り。鶏白湯でないことを確認してトップメニューの鶏そば。すごい醤油スープ。富山ブラックのように甘味がある訳でもなくダイレクトに醤油。うーむ。棣鄂の麺も期待していたほどではない。意味不明な長芋やカマボコもどき、三つ葉、鶏節もいらないからメンマが欲しい。880円

| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE