北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
神保町/小川町「中川會」

 

たまにはつけ麺でもと、ひさびさにいって見ると、牛中華そばなる新ものがあったのでそれ。たしかにスープだけ飲むと牛を感じるが、麺を食べるとそれを忘れてしまうぐらいの微妙さ。全体にさっぱいしていてインパクトなし。微妙すぎるのでは? 700円

| なぜラーメンなのか | 水道橋/神保町 | 00:00 | - | - | - | - |
飯田橋「麻辣湯」★

 

ラーメモ掲載ギリギリ、辛いスープ春雨である。トッピング(というより具)を3種類自分で選ぶという方式。味はスパイシーでなかなか。春雨はひたすら春雨。750円

| なぜラーメンなのか | 飯田橋/神楽坂 | 00:00 | - | - | - | - |
大山「あまみ屋」★★

 

駅から行き止まりかなと思う道を行くとどっこい抜けられる。こんなまともな店とは知らなんだ。自家製麺(オーダーは太麺)は素晴らしいし、店名どおり甘味のある醤油の強いスープも独自。基本は豚骨魚介なのかもだが鶏も感じる。魚介といっても煮干しもカツ節も感じない。200g(茹でる前)は結構なボリュームだが、さらに400gまで無料。私には無用だがすごいサービスだ。750円

| なぜラーメンなのか | 東京北部 | 00:00 | - | - | - | - |
恵比寿「すずらん」

 

高級ラー。1850円なんて数字もメニューに見うけられる。オーダーはもちろんデフォ。スープだけを飲むとすごく旨い。しかしラーメンのスープとして旨いかと考えると疑問。メンマが市販の瓶づめのような味でがっくり。1150円

| なぜラーメンなのか | 恵比寿 | 00:00 | - | - | - | - |
神保町「きたかた食堂」★

 

喜多方ラーのチェーン店にはすでに坂内、小法師、蔵などがあるが、こちらもすでに数店あるようだ。普通の喜多方ラーで特別なんの特徴もない。喜多方が日本三大ラーメンのひとつという説があるようだがそれは言いすぎだろう。札幌、博多は良いとして、もうひとつは当然「東京ラーメン」だろう。650円

| なぜラーメンなのか | 水道橋/神保町 | 00:00 | - | - | - | - |
五反田「平太周」★★

 

東京で(日本で?)最も味が濃いラーメン。それだけでも星ふたつの価値があるだろう。環7ドリーム? 680円

| なぜラーメンなのか | 東京南部 | 00:00 | - | - | - | - |
亀有「道」★★

 

つけ麺は専門外だが、ラーメンアワード1位ということでは食べない訳にはいかず、ついに重い腰を上げた。行列は当然覚悟の上だがここまでとは。2時間半待ち。極太麺に甘さが決め手のつけ汁。非常に分かりやすい味で人気は分かるが、2時間半の価値はないと思う。1時間なら許せるか。だいぶ前だから比べにくいがTetsuのほうがうまかったような。800円

| なぜラーメンなのか | 東京東部 | 00:00 | - | - | - | - |
上野「戸みら伊本舗」★

 

前回当然看板メニューだと思い、戸みら伊麺にしたのだが、どうやらそれが間違いだったようだ。普通の豚骨魚介のほうが普通にうまかった。730円

| なぜラーメンなのか | 上野/御徒町 | 00:00 | - | - | - | - |
神田「もじ麺や」

 

ラーメンのジャンルぎりぎりの食べ物といえる「汁なしカレーまぜそば」。カレー味のまぜそば、以外のなにものでもなし。デフォでカツが入って来るのは疑問。カレーをオーダーしてカツカレーが出てくることはないだろう。880円

| なぜラーメンなのか | 神田 | 00:00 | - | - | - | - |
名古屋「想吃坦坦麺」★

 

読みは「シャンツーダンダンミェン」。名古屋には台湾ラーの下地があるから坦々麺がはやるのは当然だろう。何軒も支店があるようだ。味的には普通の今風の坦々麺だが、ザラッとした細麺を合わせたところが勝因。900円

| なぜラーメンなのか | 中部 | 00:02 | - | - | - | - |

PAGE TOP

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE