北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
水天宮「ピリリ」★

 

カメラ電池切れで水天宮の写真を。汁なし坦々麺の専門店。しらたき麺+辛口。しらたきはさほど違和感なし。辛さはホワジャン増しだけなのだろう。シビレは強いが辛さはイマイチだった。全体にかなり濃い味。900円(通常麺は880円)

| なぜラーメンなのか | 人形町あたり | 00:00 | - | - | - | - |
松本「とりでん」★

 

松本7軒目。お城方面。尻つぼみ感の松本だったが最後にヒット。唯一無二の味と具。麺がやわいのが残念。日によってそうとう味が変わるそうだ。とにかくワイルドな味。700円

| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:01 | - | - | - | - |
松本「寸八」★

 

松本6軒目。ここも遠い。看板の豚骨醤油は家系だった。洗練されている感はあるが家系は家系。そうと知っていればほかのメニューにしたのだが。756円

| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:00 | - | - | - | - |
松本「藤」

 

松本5軒目。駅周辺には深夜ラー多数あり。老舗らしいのでここにする。深夜にしてはかなりあっさり味。多めのモヤシ。あまりに平凡。600円

| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:04 | - | - | - | - |
松本「マルキ商店」

 

松本4軒目。駅前大通り南側。看板は「松本ブラック」。かなり期待したのだが、富山ほどのインパクトはなし。ライトブラック? 690円

| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:03 | - | - | - | - |
松本「まんぼう食堂」

 

松本3軒目。市街地から歩くこと2キロ強(バスの便ほぼなし)。ラーメンは500円だが、手打ちにする。ちぢれ麺はいかにも手打ちだがやわやわで白い。スープはなんともはや。あっさりにもほどがあるだろう。600円

| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:02 | - | - | - | - |
松本「ひづき」★★

 

2軒目。大橋通り。トップメニューの清油は鶏のうまみたっぷりだがちょっと平凡。鶏豚骨のほうが良かったかも。756円

| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:01 | - | - | - | - |
松本「佐蔵」★★

 

松本1軒目。市街地ど真ん中。蔵造りのなかで味わう味噌ラーメン。850円

| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:00 | - | - | - | - |
武蔵関「弘良」★★

 

この店構えで入るのをためらう人は多いだろう。しかし外看板に小さく書かれた「豚骨魚介」の4文字を私は見逃さなかった。スープ、麺、まったく問題なし。特筆はないが欠点もない。味玉でなく茹で卵というのも良かった。550円

| なぜラーメンなのか | 西武線 | 00:00 | - | - | - | - |
東川口/戸塚安行「桐龍」★

 

どちらの駅からも徒歩15分強。埼玉の二郎系で最も評判の良い店。ミニがあって良かった。小は700円。非乳化系。油が多めの割には味は薄め。麺もイマイチな気がする。650円

| なぜラーメンなのか | 埼玉南部 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE