北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
すすきの「雪風」★

 

またまた味噌。「せっぷう」かと思いきや「ゆきかぜ」だって。濃厚味噌というコピーに魅かれて来てみたが、それほど濃厚ではなかった。味的にも平板な感じ。油ギッシュなチャーシウ旨し。800円

| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:01 | - | - | - | - |
すすきの「喜来登」★★

 

狸小路アーケード沿い。連続の味噌。バランスの良いやさしいお味。薬味(ネギ)が大量に乗ってくるのだが、それを迎え撃つにはスープがあっさりすぎる。700円

| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:00 | - | - | - | - |
東本願寺前「信玄」★★★

 

市電東本願寺前が最寄だが、すすきのから歩ってもすぐ。下調べしていたコク味噌「信州」をオーダー。その後のお客も圧倒的に「信州」。まさに“コク味噌”のひとことに尽きる白眉のスープ。小林製麺の超多加水パッツンちぢれ麺。完璧な相性。すみれ(純連)、けやき、に続く3回目の感激味噌。この季節に来て良かった。760円

| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:01 | - | - | - | - |
月寒中央「佳」★

 

なぜか札幌で豚骨魚介。しっかりした中太ストレート麺が良い感じ。スープは定番の味。魚粉がいらないのと、分厚いチャーシウがイマイチ。700円

| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:00 | - | - | - | - |
恵庭「おとん食堂」★★

 

家族だったので、味噌、萬字(蜂屋みたい)なども味わったが、やはり一番クォリティーが高いのは小鳩ラーメンだろう。強い醤油ながら出汁、甘味も負けていない絶妙のバランス。630円

| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:00 | - | - | - | - |
札幌「すみれ」★★


本店へ。大昔の本店、ラー博、すすきの、ラー博×2、6回目のすみれ。どうしてもラー博が一番うまい気がするのは私だけだろうか? 830円
| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:00 | - | - | - | - |
札幌「麺eiji平岸ベース」★


これで数年をかけた札幌有名店めぐり完了。最後はスタンダードな濃厚豚骨醤油+柚子のジュレがオリジナル。これが溶けそうで溶けないので最後まで味変が楽しめる。ゴボウだけはやめてほしい。830円
| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:00 | - | - | - | - |
有珠「宇宙軒」★

本店は岩見沢。独自のクリーミーな味噌ラーが看板。ただし麺はイマイチ。麺自体もそうだがそもそも茹ですぎ。「麺固め」をオーダーするのが正解だろう。700円 
| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:00 | - | - | - | - |
苫小牧「縄文」★★

苫小牧の人気店。オーダーは普通の醤油。それでもかなりこってり+かなりしょっぱい。 だが、それに負けない旨みもたっぷり。しかいこれに+味濃い目、+こってりもできるというのだから、世の中にはしょっぱくて、こってりが好きな人間がいかに多いかということであろう。720円 
| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:00 | - | - | - | - |
石狩太美「なかむら」★

兄の家のそばで10回は前を通っているのだが、なかなか食べる機会がなかった。テールラーメンと焼き肉の店。中野坂上にもあるのだが、なにせ毎年この本店のそばに来ているので、いつかはと思っていた。非常にわかりやすい味とボリュームで、人気のほどがうかがわれる。1150円
| なぜラーメンなのか | 北海道 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE