北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
須賀川「かまや食堂」★★

 

目的地は白河なのだが、ほとんど食べているので隣町へ。と思ったら30キロも先だった。でも来ただけのことはあった。煮干しが香る濃い醤油。そして適度な硬さのちぢれ麺。改装後なのになにか歴史を感じる店構えも良し。600円

| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
芦ノ牧温泉「牛乳屋食堂」★

開拓&追悼山行。ここはかなりの有名店。芦ノ牧温泉と芦ノ牧温泉駅は実はかなり離れている。こちらは駅のそば。ラードの乗ったスープは美味しいが、中太ちぢれ麺はかなり柔らかめ。チャーシウもきわめて平凡(というかダメなほう)。570円 
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
小名浜「味世屋」


会場となるクライミングジムの対応があまりにひどいので、頭に来てここへ。小名浜はさびれつつある港町らしい。他人にとってはいい感じだ。その繁華街(昔の?)のド真ん中にあるのがこの店。外観どう見ても蕎麦屋。しかしラー専門店だ。多分世界で一番味の薄いラーであろう。港町でこれは相当以外。しかも客は途切れない。富山の「大喜」の10分の1の塩分だと思うが。
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
福島・棚倉「かなざわ屋」☆
るるぶでは専門店のように書かれていたが、実際は食事所。これだから素人雑誌はこまる(一応ラーメンがメインだが)。鶏のダシが効いたそれなりの味。
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
福島・郡山「ますや本店」★★★


元、伝、新と3種類の醤油ラーメン。それぞれ細麺、中細麺、平打ちチヂレと麺も変わる(組み合わせは変更可)。さらにチャーシューもバラとモモか選択できるという凝りよう。幸い家族づれだったので3種類が食べられた。新はラー油の味が気になり一つ星。元は魚系が強い(というか伝から動物系をマイナスした感じ)二つ星。そして醤油、魚介、動物のすべてが力強く、加水率が高い麺もすばらしい伝が三ツ星。
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
鶴岡「文下食堂」★★


文下でなんと! 読みは「ほうだし」 なんだそりゃ??? さらにここも場所がすごい。店名、ロケーションですでに感激。おまけにラーメンも良かった。ラーメン550円と大盛り650円のみ。これはいい。醤油がしっかり。魚介もバッチリ。甘味もあり。チャーシューも3枚
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
遊佐「ちどり食堂」★


場所がすごーい。絶対にこんなところに店があるはずないってところに、ちゃーんとある。これこそツアーの醍醐味。やはり緬はやわらか白め。だけど三日月よりはずーっとまし。スープも魚介の香りあり。500円。ここにも小盛450円あり。
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
酒田「三日月軒」
酒田ラーメンを代表する店のはず。店名もかっこいいし期待したのだが。緬は限りなく柔らかい。スープは限りなく平凡。酒田ラーの売りのはずの魚介の味もしない。この高砂支店がだめなのか。520円。小盛500円。
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
横手・十文字「三角そば本店」


かぎりなくラーメンからほど遠い。これはもはや蕎麦だろう。地方の名物として食べる以外に意味は感じられない。
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
仙台「志のぶ本店」★★☆
店名と、店構えですでに星をふたつ獲得。ラーメンは特筆すべきなにもないが、ラーメンは所詮こういうものという見本。近所の女子校からの表彰状がほほえましい。
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE