北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
津軽・新城「ひらこ屋」★★

 

北東北ツアー最後は青森市近郊の有名店。トップメニューのあっさり(550円)にしてしまったが。この店の神髄はこいくち(豚骨+煮干し、700円)だったかも(もはや家族は誰もつき合ってくれない)。中太麺。つけ麺も人気あり。メンマが縛ってあるのは初めて。しかもうまい。

| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:01 | - | - | - | - |
津軽・嘉瀬「嘉瀬のラーメン屋」★

 

ラーメン撮影禁止、店内撮影禁止というのはときどきあるし、その気持ちは分からないでもない。しかし店舗撮影禁止というのは初めてである。理由は不明。ラーメンはスープはかなり複雑で努力がしのばれるが特別に旨くはない。麺はいささか柔らかすぎ。700円

| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
弘前・撫牛子「〇鐡二代目」★

 

麺は細麺と太麺、スープは中華(500円)と極煮干し(600円)あり。まあ中華は細麺、極煮干しは太麺が定石であろう。中華はまるで蕎麦つゆのようにあっさり。極煮干しはえぐみもありワイルド。どちらも食べる価値あり。残念ながら麺がイマイチ。どこがどう悪いとは言えないのだが、とにかくイマイチ。

| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:01 | - | - | - | - |
弘前・撫牛子「たかはし」★★

 

難読地名で有名な?撫牛子(ないじょうし)。うーむ、牛が「じょう」かい。津軽煮干しの代表。席数60越えの超人気店である。人気のポイントはまずその煮干しの加減。濃いとはいっても最近の常軌を逸したものではない。そして独特の甘味。これはどこから来ているのか? 煮干しから甘味が出ると言う話は聞いたことがない。きれいに並べられた5本のメンマがほほえましい。750円

| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
盛岡・青山「らあめん サンド」★★★

 

家族だったので、鶏そば、煮干しそば、中華そばを味わうことができた。トップメニューは鶏そばだが、これは東京の名店でも味わえる。煮干しは雑味なく煮干し以外の出汁もジワっとでている。最も価値があるのは複雑ながらそれを感じさせないバランス良い出汁の中華そば。つるっとした自家製麺の喉ごしが良い。680円(中華そば)

| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:01 | - | - | - | - |
盛岡・厨川「弥太郎」★★

 

超人気店。すっきりスープにジャストに茹でられた細麺。チャーシウうまし。メンマ太すぎでしょっぱすぎ。580円

| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
須賀川「かまや食堂」★★

 

目的地は白河なのだが、ほとんど食べているので隣町へ。と思ったら30キロも先だった。でも来ただけのことはあった。煮干しが香る濃い醤油。そして適度な硬さのちぢれ麺。改装後なのになにか歴史を感じる店構えも良し。600円

| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
芦ノ牧温泉「牛乳屋食堂」★

開拓&追悼山行。ここはかなりの有名店。芦ノ牧温泉と芦ノ牧温泉駅は実はかなり離れている。こちらは駅のそば。ラードの乗ったスープは美味しいが、中太ちぢれ麺はかなり柔らかめ。チャーシウもきわめて平凡(というかダメなほう)。570円 
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
小名浜「味世屋」


会場となるクライミングジムの対応があまりにひどいので、頭に来てここへ。小名浜はさびれつつある港町らしい。他人にとってはいい感じだ。その繁華街(昔の?)のド真ん中にあるのがこの店。外観どう見ても蕎麦屋。しかしラー専門店だ。多分世界で一番味の薄いラーであろう。港町でこれは相当以外。しかも客は途切れない。富山の「大喜」の10分の1の塩分だと思うが。
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |
福島・棚倉「かなざわ屋」☆
るるぶでは専門店のように書かれていたが、実際は食事所。これだから素人雑誌はこまる(一応ラーメンがメインだが)。鶏のダシが効いたそれなりの味。
| なぜラーメンなのか | 東北 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE