北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
府中「麺創研 紅」★★

 

駅ビルに移っていた。さらに店名が「かなで」ではなくなった。前回はブラックだったので今回は辛味噌の紅。間違いなく旨い。鬼金棒を食べる前であれば三つ星だったかも。800円

| なぜラーメンなのか | 都下 | 00:00 | - | - | - | - |
吉祥寺「珍来亭」★★★

 

今度は油ラーメン。もちろん油そばではない。スープ表面のラードが多少多い程度である。しかし出汁の旨みの強さは半端ない。現代では柔らかめとも言える茹で加減の中太麺との愛称は絶妙。次は「キムアブ」か。700円

| なぜラーメンなのか | 都下 | 00:01 | - | - | - | - |
福生「エルドラド」★

次は話題のこの店へ。地雷原のグレードアップという話だが、そもそも地雷原が私にはイマイチだったので、やはりこの店もせいぜい一つ星である。相性が悪いのだろう。800円 
| なぜラーメンなのか | 都下 | 00:01 | - | - | - | - |
福生「壱発」

昭島の昭和飛行機での打ち合わせの前に、激戦区福生に。2軒目はエルドラドと決めているので、1軒目はB級店から選ぶ。ちなみにB級とは決してA級の下という意味ではありません。ところが予想に反しておとなしめの味でびっくり。「とろろ」がメインなのかなあ。それとも「味噌」なのかなあ。600円
 
| なぜラーメンなのか | 都下 | 00:00 | - | - | - | - |
牛浜「Kappa64」★★

看板のトマトチリもおいしいが、醤油は太麺の魅力とあいまって、すばらしい。巨大メンマも新鮮だった。700円 
| なぜラーメンなのか | 都下 | 00:00 | - | - | - | - |
西武立川/武蔵砂川「喜奴屋」★

隠れた名店という感じ。駅から歩くとかなり遠いであろう。良質のまさに中華そば。しかしあまりに味は平凡だ。地元にとってはすばらしい店であろう。デフォで味玉が丸々一個入るのはどうだろう。私のようにあまり味玉に興味がない人間にとっては、なしで50円でも安い方がありがたい。750円 
| なぜラーメンなのか | 都下 | 00:00 | - | - | - | - |
西武立川「UMA」★★

小川山に向かう途中。つけ麺がメイン、さらにラーメンなら「こってり」とか「味噌」のようだが、私の流儀として メニューの一番下にあるただのラーメンにする。しかしこれがなかなかのもの。、日本蕎麦を思わせるあっさりスープは旨みがいっぱい。さらに半熟薄味の味玉がいい感じ。海苔も上物を使用。最後に抹茶味の幅広きしめんが出てくるのも、お遊びとしては良いのでは? 580円
| なぜラーメンなのか | 都下 | 00:00 | - | - | - | - |
柴崎「柴崎亭」

評判の店。スープ、麺は悪くない。ただカイワレも疑問だが、味付けされているにもかかわらず、すごく生臭いモヤシが大量に入る。なぜこれが許せるのかわからない。 まったくのぶち壊しだと思う。こってりにすれば、緩和されるのかもしれない。500円
| なぜラーメンなのか | 都下 | 00:00 | - | - | - | - |
東久留米「琴海」★
 

国体基準会議で東久留米へ。非常にレアな「長崎ラーメン」のお店。アゴ出汁の店は何軒か食べたことはあるが基本的に清湯である。ところがここは博多系のとんこつスープと合わせている。どこにもない味(たぶん長崎にも)であることは確か。麺は2種類あり、今回は博多的なストレート細麺にしたが、ちぢれもあるのでそうすればますます混沌指数アップ。唐揚げと煮卵がトッピングされた「親子玉」なんてのもある。480円なので星ひとつ付けとこ。
追伸=東久留米なんだから「久留米ラーメン」にすれば良かったのに。
| なぜラーメンなのか | 都下 | 00:00 | - | - | - | - |
府中「かなで 改」★★
超ラーナビ7ツ星店。煮干系のスープとしてはこれ以上ないほどの旨さ。 八王子の円と双璧では? しかしながら、このほんわかした自家製麺、どうもこれがベストの麺とは思えないのだが……。路地をはさんで向かいの、辛い系と味噌の「かなで紅」にも行ってみたかった。700円
| なぜラーメンなのか | 都下 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE