北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
御代田「大石家」★

 

佐久/軽井沢って場所。多治見発でなぜか長野県に数店舗あるという店。多治見ブラックとも呼ばれるらしいのだが、それほどは黒くない。味はさらにあっさり。なんでもない麺が咬みごたえあり良い感じ。スープがこんなに多くなくて、シャーシウがこんなに厚くなくて、メンマがこんなに太くなくて、かまぼこ3枚→1枚で、650円なら良いのに。800円

| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:00 | - | - | - | - |
長野「鍾馗」★★★

ヴォクシーtransX4WDを求めて長野へ。須坂で無事入手してここへ。家族3人だったので中華そば、醤油そば、本枯節の3種を。どれもすばらしい。どれもしっかりしたベースは同じ。醤油が強かったり、カツオ節が強かったりするだけ。常連だったら「今日はノーマルに中華」「今日は塩分欲しい気分だから醤油」なんて感じ? 初めて行って一杯食べるなら、やはり、中華そばだろう。店名のショウキはご主人を見れば納得。680円、780円 
| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:00 | - | - | - | - |
茅野「テンホウ」★

茅野6軒目。なんでも中華屋。ところがこの一見どうでもいいワカメ入りラーメンのスープがすばらしい。甘みとうま味がたっぷり。コーンもどこかの店と違ってうまい。そして390円 
| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:02 | - | - | - | - |
茅野「零」★★
 

茅野5軒目、濃厚豚骨醤油。それほど濃くはない。「しるし」とかなりかぶる部分あり。詳しくは「山歩みち」で。670円


| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:01 | - | - | - | - |
茅野「Soy屋」

順調な茅野取材だったが4軒目でつまづいた。ここも味噌専門店。接客などきっちりしているのだが肝心のラーが、味があまりに平坦。決定的なのがトッピングのコーンで、ここまでまずいコーンに出合ったことはない。 648円
| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:00 | - | - | - | - |
茅野「ハルピンラーメン」★

3軒目。まさに唯一無比の味。こういうのに出会えるのが食べ歩きの醍醐味だ。ピリ辛がもうすこし辛いと、さらに良いのだが。この味に海苔は不要だろう。650円 
| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:02 | - | - | - | - |
茅野「しるし」★★

茅野2軒目。わずがに香る豚骨臭が良い。醤油の加減も絶妙。主張のない中太、中加水の麺。詳しくは「山歩みち」で。680円 
| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:01 | - | - | - | - |
茅野「蔵人」★★

人気店。鉄鍋で提供される焼き味噌ラーが看板メニュー。意外にも味は普通においしい味噌ラーメン。詳しくは「山歩みち」で。750円 
| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:00 | - | - | - | - |
軽井沢「軽井沢ラーメン」

まあ、名前と店構えでダメモトだったからしかたない。トップメニューの鶏白湯はまあまあだが、中華そば風の「旧軽ラーメン」はまったくだめ。価格はわすれたが、内容+200円って感じ。 
| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:00 | - | - | - | - |
松代「像山屋」★
長野ツアーどうもこのままでは納得出来ないので絶対にまちがいない溜り醤油使った店へ。コンペ準備も重要だがこちらも重要。スープは当然うまいがいくらなんでも麺やわすぎだろ。武家屋敷が建ち並ぶロケーションは最高。700円
| なぜラーメンなのか | 長野 | 00:01 | - | - | - | - |

PAGE TOP

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE