北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
小川町「むぎくらべ」×

 

通常×をつけた店に再訪することはないのだが、前回は看板メニューではなかったということで再びハンディクラフトワークス。それはローストビーフ油そば。ローストビーフ自体は旨いような気もするのだが、問題は油そば。麺も悪くないのだが、その味はなんともはや。油そばのタンメンか?といったパンチの無さ。そしてまたも冷たいレタスがどっさり。1100円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「むぎくらべ」×

 

期間ごとに出店が変わる。今回は埼玉・八潮の超人気店、ハンディクラフトワークス。苦手な変化球メニューの店だ。「バジル風味鶏そば」というのをいやいやながらたのんでみる。どうってことない鶏白湯。しかもスープがぬるいのにトッピングがレタストマトなどの冷菜。どうなってんの? さらにこの値段でセルフサービス! なんなの? 950円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
■カレポート「淡路町/トプカ」★

 

これまでずっと印度だったが、4回目にして初めて欧風カレー。どこかに「欧風もうまい」どころか「欧風のほうがうまい」と書いてあったので。「断じて印度のほうがうまい」を確認した。800円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「菜香苑」

 

ラーメン+餃子+杏仁豆腐+アイスコーヒーで700円。しかし値段以外はなにひとつ良いことはなかった。

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「正麺」★

 

元ラーメン居酒屋だった場所。トップは坦々麺。特筆はないが普通にうまい。ゴマが控えめなのが良い。低加水細麺も良い。辛さも適正。なにか+αが欲しいところ。800円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
淡路町「長尾中華そば」★

 

「きび」跡地にいつのまにか長尾が。池袋以来。現地では未食(池袋がイマイチだったから)。「あっさり700円」はすごくあっさりなのは経験済みなので「こく煮干し」。こちらはかなり煮干しだが臭くはない。というかなにか物足りない。中間があるようなので、もし今度来たらそれか? 850円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町/御茶ノ水「とくや」★

 

この老舗に蒟蒻麺があるという情報を入手。スープはかなり強い魚介系。そして麺は、なんとハーフ&ハーフだった。確かにメニューを良く見ると蒟蒻麺「入り」とある。当然食べ応えがあるし旨い。700円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「リンガーハット

 

糖質オフシリーズ。今回は麺なしチャンポン。ほとんど野菜+海老+カマボコなど。野菜のほとんがキャベツとモヤシ。二郎の野菜マシのマシだけを食べている感じ。つまり二郎ならタダのものが734円。

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
神保町/小川町「THANK」★

 

糖質フリー、シリーズ。スパイシーポタこんにゃく麺。味的にはなかなか。こんにゃく麺は、もちろん普通の麺より食べ応えは劣るが、がまんできないほどでもない。750円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「山田屋」★

 

暖簾には「やまだ」とあるが、こちらには「山田屋」。一見まったく普通の街中華だが、この張り紙を読んだら入らない訳にはいくまい。残念ながらワカメ入り。固めの麺、しっかりしたスープ、旨みあふれるチャーシウ。ワカメがなくなって520円なら二つ星? 2人に1人がオーダーしていた肉野菜炒め定食はなんと670円。ラーメンは高級品? 570円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE