北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
淡路町「金魚ヌードル」★

 

今度は汁なし担々麵。味的には旨いのだがあまりに濃厚。もう少し水気があっても良いのでは。930円(2辛2痺)

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
淡路町「金魚ヌードル」★★

 

一八通り沿いの新店。担々麵がトップだが、一番ユニークな「アサリと生海苔のまぜそば」に。生海苔は素晴らしくうまい。アサリとももちろん良く合う。太麺ももっちりで申し分ない。また来よう。930円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
お茶の水/神保町「真久中」★

 

早稲田にあったJ系が移転。麺のゴワゴワは半端ない。次回は「やわらかめ」と思ったほど。スープはちょっとしょっぱすぎだが、もうすこし濃厚でも良いかも。値段がJ系では高すぎでは? 870円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
お茶の水「なおじ」★

 

燕三条系。今回は味噌。スープはもう少し甘みが欲しいところ。太麺はすばらしい。780円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
お茶の水/水道橋「ふみや」★

 

今度は味噌こってり。今時ではぜんぜんこってりではない。全体にやさしいお味。多少オリジナル感あり。680円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
お茶の水/水道橋「ふみや」★

 

この界隈で最も無名な専門店。スープも麺も悪くない。ただあまりに特徴なし。青味が水菜なのとチャーシウがイマイチ。680円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
お茶の水「にぼ助」★★

 

新店。店名に「にぼ」が付いているにしては、さほど「にぼ」ではない。そこに背油、生姜(おろし)が入り、全体にバランスが良いスープ。麺は高加水の中太で食べ応え十分。700円なら満点なのだが。800円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「魚とん」★★

 

ラーメンは星なしだったが、今回は看板メニューの「とろ肉つけ麺」。つけ汁は旨味たっぶり。麺は絶対に平打ち。きしめんのようで食べ応え最高。とろ肉も文句なしに旨い。950円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「辣椒漢」★★★

 

食べていなかった激辛麻辣担々麵。青唐辛子の風味が素晴らしい。辛さもまさに激辛の入り口という感じで適度。ボリュームが控えめなのも私にとってはグッド。950円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
淡路町「潮」

 

醤油しか食べていなかったのだが、鶏白湯が評判のようなので行ってみる。ところが!鶏白湯とは思えないほどの洋風。まるで薄めのポタージュ。さらにブロッコリーにアスパラと来た。ポーチドエッグはまあ悪くないが。とにかく変なものを食べてしまった。ひさびさの半食。870円 

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE