北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
お茶の水/小川町「葱寅」★★

 

牛煮干しとのことだが、煮干しはあまり感じない。スープの牛の甘みが良い感じ。脂身の多いチャーシウもおいしい。葱もブランドものらしく、言われてみれば旨い。細麺が柔らかすぎでは? 850円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「辣椒漢」★★

 

神田警察通り沿い。担々麵が多いこの界隈だが、まちがいなくここが一番。今日は汁なし。うーむ完璧。大盛にしたかった(我慢)。850円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
■カレポート「淡路町/ジンコック」★★★

 

今度はカシミール。これはデリーのコピーだろう。かなり似ている。デリーは確か1000円だから旨さの比率も合っている(?)。辛さもインドよりちょい辛なので極辛で満足。ライスが固めなのは基本だが、ちょっと固すぎでは? 800円 

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
淡路町「王龍ラーメン」

 

どうにも気になって禁断の2日連続。もちろんオーダーは王龍ラーメン。いろいろな出汁を合わせたらしくオリジナル感はあるがなんともハッキリしない味。お勧めのキムチを大量に入れるとあたりまえだがキムチ味になった。850円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
淡路町「王龍ラーメン」

 

讃岐の人気店らしい。いきなりオーダーミス。デフォの中華そばか、店名と同じ濃厚な王龍ラーメンにすべきだったのに、中間的な丸亀ラーメン(背油)にしてしまった。その失敗が味覚にも影響してか、なんとも中途半端な味に感じる。なんといっても讃岐なんだから当然魚介メインだと思っていたのに、むしろ動物系だ。背油もなぜか甘みがない。あと一回来てどちらかを食べてみよう。800円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「むぎくらべ」

 

今度は埼玉より葵、竜葵関係。葵は未食だが、竜葵はなかなかだった。ということで期待したのだが全然。要はここに出店すると、ダメになるってことなのだろうか? 800円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「武蔵家」★★

 

いつのまにか御茶ノ水に武蔵家が。安定の旨さ。適正な豚骨臭。ホウレン草の茹で具合がジャスト。海苔も妥当。チャーシウが小さめなのも個人的には良い。650円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「むぎくらべ」×

 

通常×をつけた店に再訪することはないのだが、前回は看板メニューではなかったということで再びハンディクラフトワークス。それはローストビーフ油そば。ローストビーフ自体は旨いような気もするのだが、問題は油そば。麺も悪くないのだが、その味はなんともはや。油そばのタンメンか?といったパンチの無さ。そしてまたも冷たいレタスがどっさり。1100円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「むぎくらべ」×

 

期間ごとに出店が変わる。今回は埼玉・八潮の超人気店、ハンディクラフトワークス。苦手な変化球メニューの店だ。「バジル風味鶏そば」というのをいやいやながらたのんでみる。どうってことない鶏白湯。しかもスープがぬるいのにトッピングがレタストマトなどの冷菜。どうなってんの? さらにこの値段でセルフサービス! なんなの? 950円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
■カレポート「淡路町/トプカ」★

 

これまでずっと印度だったが、4回目にして初めて欧風カレー。どこかに「欧風もうまい」どころか「欧風のほうがうまい」と書いてあったので。「断じて印度のほうがうまい」を確認した。800円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE