北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
お茶の水「にぼ助」★★

 

新店。店名に「にぼ」が付いているにしては、さほど「にぼ」ではない。そこに背油、生姜(おろし)が入り、全体にバランスが良いスープ。麺は高加水の中太で食べ応え十分。700円なら満点なのだが。800円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「魚とん」★★

 

ラーメンは星なしだったが、今回は看板メニューの「とろ肉つけ麺」。つけ汁は旨味たっぶり。麺は絶対に平打ち。きしめんのようで食べ応え最高。とろ肉も文句なしに旨い。950円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「辣椒漢」★★★

 

食べていなかった激辛麻辣担々麵。青唐辛子の風味が素晴らしい。辛さもまさに激辛の入り口という感じで適度。ボリュームが控えめなのも私にとってはグッド。950円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
淡路町「潮」

 

醤油しか食べていなかったのだが、鶏白湯が評判のようなので行ってみる。ところが!鶏白湯とは思えないほどの洋風。まるで薄めのポタージュ。さらにブロッコリーにアスパラと来た。ポーチドエッグはまあ悪くないが。とにかく変なものを食べてしまった。ひさびさの半食。870円 

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
お茶の水/小川町「ゆきふじ」★★

 

ひさびさの再訪。オーダーはもちろん紅湯麺(フォンタンメン)。黒酢と辣油が効いた唯一無比の味。すばらしい。780円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
お茶の水/小川町「葱寅」★★

 

牛煮干しとのことだが、煮干しはあまり感じない。スープの牛の甘みが良い感じ。脂身の多いチャーシウもおいしい。葱もブランドものらしく、言われてみれば旨い。細麺が柔らかすぎでは? 850円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「辣椒漢」★★

 

神田警察通り沿い。担々麵が多いこの界隈だが、まちがいなくここが一番。今日は汁なし。うーむ完璧。大盛にしたかった(我慢)。850円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
■カレポート「淡路町/ジンコック」★★★

 

今度はカシミール。これはデリーのコピーだろう。かなり似ている。デリーは確か1000円だから旨さの比率も合っている(?)。辛さもインドよりちょい辛なので極辛で満足。ライスが固めなのは基本だが、ちょっと固すぎでは? 800円 

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
淡路町「王龍ラーメン」

 

どうにも気になって禁断の2日連続。もちろんオーダーは王龍ラーメン。いろいろな出汁を合わせたらしくオリジナル感はあるがなんともハッキリしない味。お勧めのキムチを大量に入れるとあたりまえだがキムチ味になった。850円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
淡路町「王龍ラーメン」

 

讃岐の人気店らしい。いきなりオーダーミス。デフォの中華そばか、店名と同じ濃厚な王龍ラーメンにすべきだったのに、中間的な丸亀ラーメン(背油)にしてしまった。その失敗が味覚にも影響してか、なんとも中途半端な味に感じる。なんといっても讃岐なんだから当然魚介メインだと思っていたのに、むしろ動物系だ。背油もなぜか甘みがない。あと一回来てどちらかを食べてみよう。800円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE