北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
赤坂「さかいや」

赤坂で600円でラーが食べられる。それ以上でも以下でもなし。味、印象ともに薄め。
| なぜラーメンなのか | 赤坂見附/赤坂 | 00:00 | - | - | - | - |
赤坂「一笑美茶樓」★★★

ヌーベルシノアってやつで、大成功したシェフの店。基本こういうところには行かないことにしているのだが 、「辣香坦々麺」という文字と、そのなんの飾りもない(チンゲン菜とか青味なし)ルックスが気になってフラフラと出かけてしまった。坦々麺はいまやはっきり2方向に分離している。従来の高級中華屋で作られる、渾然一体こってり系。そして流行のホワジャンをメインにすえたマーラー系。ここのはどちらかといえば後者だが、さらに味は複雑かつ独自、そしてこういった高級店にしては珍しく十分な辛さを持つ(激辛とか書いている愚か者がいたが)。諸般の事情によりスープを飲みきることは控えたが、いったん終演してから、2回のアンコールを止めることができなかった。1500円
| なぜラーメンなのか | 赤坂見附/赤坂 | 00:00 | - | - | - | - |
赤坂「秀」★★


さらば赤坂シリーズ。もつそばで三ツ星を付けたのだが、行ってみるとなくなっていた。そうなると今後わざわざ来ることもないかもなので、デフォルトを食べようかと思うが、それは5回ぐらい食べて二つ星と確定しているので、思い切って「モツつけ麺」1000円に挑戦。麺はさすがにつけ麺用に太めしかもツルツル、なかなか良い。5個入っているモツは、変わらずすごくうまい。しかし、もつソバのほうがずっと良かった。試しにスープ割に麺を浮かべてみたが、むなしいだけだった。モツソバの復活を願う。
| なぜラーメンなのか | 赤坂見附/赤坂 | 00:00 | - | - | - | - |
赤坂「九州じゃんがら」★


会社がまた引っ越すので赤坂近辺を再確認。じゃんがらは外堀通りから少し南西に移転、この店は初めて。店構えが可愛い。じゃんがら初めての和風「つけしゃん」を食べる。流行の和風豚骨をじゃんがらが作るとこうなるという、オリジナリティーが良い。麺も太めでツルツル。800円はどうか? ここが問題。700円なら二つ星だ。
| なぜラーメンなのか | 赤坂見附/赤坂 | 00:00 | - | - | - | - |
赤坂見附「東京油蕎麦総本店」★
会社周辺のネタ切れでついにこんな店にまで手を出す。油そばは本場武蔵境では食べていない。早稲田のちょい有名店のみ、この評価は悪かった。今回もこれで★がついになくなると思って入店。ところがうまい。麺はふつうだが(中の上)、多分タレが良いのだろう。あとセルフで玉葱のみじん切りがあって、これが合う。すごく細かいのでもう少し荒いと食感的になお良し。珍しく大盛り(無料)にしておけば…と思った。並でも麺の量的には普通のラーメンよりはちょい多いのだが。つまり普通のラーメンはいかにダイエット食かということを確認。やはりスープを飲む分、満足感があるんだな。
| なぜラーメンなのか | 赤坂見附/赤坂 | 00:00 | - | - | - | - |
赤坂「Dragon Red River」


なんなの「赤坂サカス」って。こんなかっこ悪い名前を人はなぜ許せるのだろう。許してないか。絶対に行きたくない場所だが、会社からのテリトリーだし、世界一辛い担々麺と聞いたら行くしかない。超辣とスタンダードがあるのだが、世界一なら当然「超辣」だろう。しかしやられた。こんなの食える分けない。唐辛子をトッピングにしているのだ。その数およそ30。ひねりもなにもない。この時点でテーブルをヒックリ返して出てくれば良かったのだが。一応味わって見るとスープは油多すぎながら、まあまあの味。スタンダードにすれば星ひとつ付いたかも。でも1000円だからな。麺はすごく少ない。お通しで浅漬け出すのは止めてほしい。このあたりで、母体の正体見たりッて感じ。
| なぜラーメンなのか | 赤坂見附/赤坂 | 00:00 | - | - | - | - |
赤坂「ばくだん屋」
つけ麺は否定する私だが、広島つけ麺は四谷の「ぶちうま」でかなり評価した。そもそも辛いものには弱い(好きってこと)。漬け物はまったくダメな私だが、辛いもの好きが漬け物ぎらいに勝ってキムチだけは食べられる。広島つけ麺もまさにそうで、辛いもの好きがつけ麺ぎらいに勝ってしまった。ばくだん屋は東京駅で食べてダメだったが、この新店は職場の近くだし、TBSも完成したし、味噌がアツ盛りなので寒い今日でもOKと。さらに辛さをオーダーできると知り、最初は2倍〜5倍ぐらいで試してと書いてあったので、当然ながら10倍にしてみた。案の定ほとんど辛くない。今度は20倍かな?ってやはり全然おいしくないので二度と食べないと思うが。
| なぜラーメンなのか | 赤坂見附/赤坂 | 00:00 | - | - | - | - |
赤坂見附「家元屋」☆
  

稲荷の総本山(たぶん)豊川稲荷の中。すごく立派は狛犬ならぬ狛狐もある。本社じゃない、本店じゃない、本家じゃない、本山でもない、本稲荷というのか?は愛知の豊川である。神社の境内で蕎麦なら分かる。うどんでも。でもラーメンだ(600円)。いまどきめずらしい甘しょっぱい元祖お稲荷さんも食べられる(80円)。ラーメンの味は…、これだけのシチュエーションの中、味の事を書くなんて野暮ってもん。まちがっても家系ではない。創業明治3年。まちがっても創業からラーメンがあったわけではない。

| なぜラーメンなのか | 赤坂見附/赤坂 | 00:00 | - | - | - | - |
赤坂「宇明屋」
名前がひどすぎ。ピザーラで財を成し、ついにはロブションまで手に入れた(手には入れてないか)大手フードチェーンのラーメン屋、と思って入ったら。ラーメン「も」ある今風中華系飲み屋だった。期待しなかったら意外にも、ってことはなかった。だいたい同じ名前の店がサッポロにあるぞ。
| なぜラーメンなのか | 赤坂見附/赤坂 | 00:00 | - | - | - | - |
赤坂「つけ麺屋やすべえ」☆


また三日空きそうになったので、あわててランチタイムに。都内の各地にあるチェーン。どうしてもネタがなかった時に食べようと思っていた。名前からすれば当然馬場が本店か。辛いつけ麺が人気のようだが、私が食べたのはもちろん醤油ラーメン。魚介強めでおいしいラーメンです。カウンターに魚粉(削り節、これ以上いらないだろ)とタマネギのミジン(これは良し)あり。
| なぜラーメンなのか | 赤坂見附/赤坂 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE