北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
浅草「江武里」★

 

駒形方面。江戸醤油と聞いて行かないわけにはいくまい。平打ち手打ち風の麺が良い。スープももちろん強めの醤油でうまい。チャーシウが豚も鶏もイマイチ。700円

| なぜラーメンなのか | 浅草 | 00:00 | - | - | - | - |
田原町「みつヰ」★★

 

浅草と紹介されていることが多いが浅草駅からはすごく遠い。近いのは田原町かTXの浅草。鶏の旨みがダイレクトに伝わって来る清湯。強いちぢれの手打ち中太麺に主張を感じる。レンコンはご愛嬌か。麺とスープをじっくり味わうのに2種類のチャーシウは邪魔な気がした。ソースかつ丼があるのにはびっくり。750円

| なぜラーメンなのか | 浅草 | 00:00 | - | - | - | - |
浅草「じゃん腹」

 

お目当ての「みつヰ」が臨時休業。お気に入りの「きび太郎」は夜のみに変更。ということで、このどうってことない背油の店へ。690円

| なぜラーメンなのか | 浅草 | 00:00 | - | - | - | - |
浅草「紅」★★★

 

浅草といっても千束なので、つくばex以外は遠い。特別な特徴こそないが、ひたすら旨みあふれるスープ。そして地元開化楼の麺(おすすめは太麺)にスキはない。唯一気になるのが枕木メンマだが、星を減らすほどではない。とにかく「普通で旨い」。これにつきる。750円

| なぜラーメンなのか | 浅草 | 00:00 | - | - | - | - |
浅草「うりんぼ」

 

昔から浅草にある2軒の博多ラーのうちの1軒。浅草も宿題店が多く行けてなかった。なぜか「あばれんぼうラーメン」という名前に反応してしまう。マー油で真っ黒でキャベツが入るという熊本っぽいしろもの。そこまでは良いのだが、茎ワカメはないっしょ! デフォにしておけばたぶんひとつ星。800円

| なぜラーメンなのか | 浅草 | 00:00 | - | - | - | - |
浅草「富士ラーメン」★★
 

初ラー。つくばエクスプレスの浅草からすぐ。濃厚豚骨だが、その加減が絶妙。無鉄砲とかのような異常な濃さではなく、かと言って一風堂ほどあっさりではない。自家製麺も博多よりは太めで、食べごたえ十分。680円






| なぜラーメンなのか | 浅草 | 00:00 | - | - | - | - |
浅草「きび太郎」★★★


浅草ブラックと聞いては行かないわけにはいくまい。地下鉄浅草からはかなり遠いつくばエクスプレスからならすぐ。「醤油らーめん」というコピーがうれしい。店名はオーナーが岡山出身とのこと。当然ながら浅草ブラック。甘く醤油のうまみたっぷりのスープにうっとり。ちょっとジャンク系のうまさだが、うまいものはしかたない。採点が甘いかもしれないがしばらく三ツ星がないので奮発。750円
| なぜラーメンなのか | 浅草 | 00:00 | - | - | - | - |
浅草「ら麺亭」★


320円はすばらしいのだが、この観光地のど真ん中でなぜ?って感じ。海苔なども浅草なのに安物を使っている。450円(でも十分に安いのだから)にして全体にレベルを上げたい。
 
| なぜラーメンなのか | 浅草 | 00:00 | - | - | - | - |
浅草「いのうえ」★

印西でWC会議。その前にここ。場所は松屋の裏。東京の博多ラーメンの中では結構評価が高く、1位としているメディアもある。本格派ではないところが受けているのだろうか、けっこう醤油が強い。さらに海苔が入っているのは浅草ということで洒落か?麺も加水が中途半端な気がする。赤のれん、よかろうもん、最近の一真軒あたりには、はるかにおよばない。650円はちょっと高いし。
| なぜラーメンなのか | 浅草 | 00:00 | - | - | - | - |
浅草「つし馬」★
ちょこっと暇ができたので、地下鉄浅草から1分のこの店へ。東北系の醤油ラーと言えば、伊藤なので比べてしまうが、ぜんぜん違うタイプ。特に麺はどちらかと言えば多加水。スープは煮干しの旨味十分だが、インパクトはない。チャーシウとメンマはそれを補うように濃い味。小650円が普通のボリュームなどで注意。並750円はまだしも、大盛り850円はやめたほうがいいだろう。
| なぜラーメンなのか | 浅草 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE