北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
北朝霞「幻六」★

 

あまりに普通の中華そば。ハマグリの出汁が使われているらしいのだが、繊細でない私の味覚にはとどかなかった。薬味がスープに浮いている点は評価。700円

| なぜラーメンなのか | 埼玉南部 | 00:00 | - | - | - | - |
志木「麺屋 樹」★

 

読みは「いつき」。鶏白湯+煮干し。悪く言えば雑味あり、良く言えば野性味あふれる。手もみ麺も含め全体に個性が強い。長くやっていくともっと洗練された味になりそうだが、それではつまらない。680円

| なぜラーメンなのか | 埼玉南部 | 00:00 | - | - | - | - |
南大塚「寿製麺よしかわ」★★

 

上尾の三つ星店の川越支店。一応一番近いと思われる駅を書いたが歩くのは困難。川越醤油(鶏)というのに反応してしまった。もちろん旨いのだが、かなりあっさり。やはり煮干しにしておくべきだったようだ。3種類のチャーシウの豚バラがイマイチだった。750円

| なぜラーメンなのか | 埼玉南部 | 00:00 | - | - | - | - |
川口「あそ路」

 

こんなところに熊本ラー。マー油は香り高く良いのだが、肝心のスープ本体があまりにあっさり。スープだけ飲むとまあまあなのだが、麺といっしょだとものたりない。チャーシウの油身が鼻につく。680円

| なぜラーメンなのか | 埼玉南部 | 00:00 | - | - | - | - |
南与野「きく家」★

 

埼大通り沿い。2回目、以前はデフォの旭川ラーでなかなかだったが、今回は1押しの魚骨ラー。薬味がタマネギなのは良いのだが、あまりに少ない(10片)。メンマの代わりにキクラゲもイマイチ。多加水の麺は特注だそうだ(西山、モリズミ系)。750円

| なぜラーメンなのか | 埼玉南部 | 00:00 | - | - | - | - |
南与野「ShumenDoshi」

 

まずカイワレ(豆苗?)が異常に青臭い。麺はクタッとした全粒粉。意味を感じない挽肉。海苔が味付け!(たぶん)。スープもなにかはっきりしない味。いろいろ差別化を考えて、どれも裏目に出ている感じ。730円

| なぜラーメンなのか | 埼玉南部 | 00:00 | - | - | - | - |
西浦和「となみ」★

くるりを上回るドロドロ味噌。ただ味的(油的?)にはそれほど濃厚ではない。味噌味も弱く、ちょっと物足りないぐらい。ドロドロ加減とマッチしていない感じ。800円 
| なぜラーメンなのか | 埼玉南部 | 00:00 | - | - | - | - |
飯能/東飯能「百川」★★

表通りに面していながら目立たず、隠れた名店の雰囲気。外観、内装ともに渋い。中華そばということだが、現代風のアレンジがなされていてバランスが良い。650円 
| なぜラーメンなのか | 埼玉南部 | 00:00 | - | - | - | - |
飯能/東飯能「無尽蔵」★★★

強烈な豚骨醤油というイメージだったが、たぶん昔はなかった、ダブルスープの「無尽蔵スープ」というメニューが出来ていた。これがバランス抜群。もっちり麺もすばらしい。従来のやつが「動物スープ」なのだろう。700円 
| なぜラーメンなのか | 埼玉南部 | 00:00 | - | - | - | - |
志木「らーめんエックス」

志木から歩くことは不可能。秋ヶ瀬橋近くである。この場所と店名で、なんとなくマニアックなものを予想していたのだが、きわめて普通のラー。残念なワカメ入り。600円 
| なぜラーメンなのか | 埼玉南部 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE