北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
富山「岩本屋」★
福井の有名店。いつか行かねばと思っていたら、まず金沢に支店が出来て行きやすくなった。ところがさらに富山にも支店が。これはジュニアオリンピックのついでに行かねば。東京では珍しくもない背油系だが、札幌ラーみたいな麺(固ゆで)が良い。スープもきわめてノーマル背油だが、バランスがそうとういい。730円は高いだろう。店員が大声出し過ぎだろう。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山「楓」★★

ラー店が多い富山市の真ん中を東西に横断する県道沿い。富山の有名店で最後に残ったのがこの店。なんと旭川の加藤製麺! スープはとんこつストレート、しかもお勧めは塩。迷いに迷ったが、帰りに醤油を食べるということで塩に。まったく雑味なしかつ旨味ありのスープ。やはり富山はレベルが高い。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山「じゃん鬼」★★★


前回「白」「黒」と食べて、今回「青」。北海道風の作りで野菜を炒めている。白、黒よりはずっとあっさりのスープ。しかし旨味はむしろ多いほど。この3種類があれば、この店だけで、味の違うすごく旨い3軒を食べ歩きするうのと同じ。つまり三つ星は「青」に付いたというより、この店全体に付けたもの。ギョウザもすごくおいしかった。家族ラー。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山「大喜21」★★


前回「めん八」を一緒に食べた、ピープという体重の不自由なクライマーが次の日に食べに行った店。「富山に来たなら大喜を食べねば」という私の薦めで行ったよう。ところが「そんなに塩っぱくないっす」という感想。おかしいと思い調べると、この店は大喜の味をそのままに、薄味にしたことが判明し納得。婦中店とのことだが、それは大喜の婦中店といういことと見た。まさに塩っぱさ8割。限りなく三つ星にしたいのだが、薬味のネギが、ブツ切りでなく、普通の薄さがダメ。ブラックでないラーメン21なる別メニューもあるが、それは×。ちなみに家族ラーなので、それも食べた。カードに書かれている、当店に相談とは……。

| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山「エアーストリーム」


ノリでハシゴすることに。そしてガイドブックに出ていた謎の店に。キャンピングカーが店でオープンエアーもありの味噌専門店。期待したがまったくフツーの味噌ラー。不味くはないががっかり。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山「虎矢」★


また富山ブラックの店。店構えはなかなか良いが、中に入ると雑然。タイガース関係が貼りまくりで店名は納得。メニューが小虎、中虎、さらにブラックなどありですごく分かりにくく、こちらも雑然。こってりの中虎にするが、ぜんぜんこってりでない。ただ普通のブラックと違いすこしスープに濁りがある。麺が多加水で私的には×だが、これは好きずきで連れは「この麺の方が良い」と言っていた。まあブラックのバリエーションということか。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
高岡「めん八」★★★

ルートセッター達を接待ラー。高岡の新支店。やはり出汁、醤油、麺の加水、ゆで加減、薬味の量、チャーシウなどすべて完璧。小杉、婦中のほうがすこし良かった気もするが、二つ星に落とすほどではない。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山「じゃん鬼」★★★


昔から、何度も行こうとして、時間帯が合わなかったりで行けなかった店。デフォルトは「しろ」なのだが、濃い口醤油を使った「くろ」も気になる(どちらも750円)。さんざん迷っているうちに「半もり100円引き」の文字が。両方頼むことに。同時に来ないようにまず「くろ」。すばらしい。濃厚トンコツスープを割るのは魚介系スープ、そして醤油はあくまで濃い口。そして「しろ」あきらかに濃すぎであろう。味的にも濃度的にもラインを超えすぎている。醤油味がない分ますます濃さが鼻につく。こちらは★か。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山「富公」★★


場所は富山市不二越。前夜南砺市で宴会。で9:30時起床。11時にこの店で朝ラー。前から気になっていた店で、県内ベスト2にしているブログもあった。宴会で友人の地元民(氷見)に問うと知らないと言う。ほんとは「めん八」あたりの富山ブラックと行きたい所だったが、プロだから行ったことない店に行かねば。フライトは12:45なので余裕。楓、椿、じゃん鬼など、次回用の有名店の場所を確認しながらアプローチ。450円と言うすばらしい価格設定。濃い味は50円プラスだそう。迷わずそれ。これが大正解で、神様に願いが通じたようでまさに富山ブラック。ブラックペッパーをオヤジがかけた時点で判明。ブラックだけのランキングでもかなり上では? この富山ラーメンの共通カード、アイディアは良いのだが、もすこしデザインなんとかならないの? 全然面白味がないのだが。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山「大喜」★★

富山駅前の安ホテルに泊まった。9;00起床、10;00チェックアウト、11:00この駅前店。前回の教訓で「味薄め」に。ところがやはりバランスが崩れる。スーパー塩っぱいスープに、インクレディブル塩っぱいチャーシュー、そしてアウトレイジャス塩っぱいメンマのバランスが、いきなりリトルビット塩っぱいスープになってしまったことにより、屋台骨がガラガラと。まあ、スープが飲めたことだけは良かったが。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE