北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
高田馬場「玄光」

今度は100円高い玄光麺。デフォよりはうまい程度。悲しいがあの「玄」の味はもはやこの世にないのであろう。いや、春木屋理論から行けばこれがあの秋葉原の味なのかもしれない。天王洲アイルも行った、石神井公園も行った。もう玄探しの旅に出ることはあるまい。780円
 
| なぜラーメンなのか | 高田馬場/西早稲田 | 00:00 | - | - | - | - |
高田馬場「玄光」★

あの玄である。山田氏も居る。もうわずかな記憶しかないが、秋葉原より進化しているとは思えない。春木屋理論からすると同じ味なのかもしれない。しかしこの微妙な味が、この強烈な味が立ち並ぶ高田馬場でやっていけるのかが心配。今回はデフォにしたが「玄光麺」は食べにこないとなるまい。680円 
| なぜラーメンなのか | 高田馬場/西早稲田 | 00:00 | - | - | - | - |
高田馬場「うま家」★

ネタがなかったら高田馬場。同店名の愛知のチェーン店かと思ったらちがうようで、濃厚家系。なかなかだが、これだけ濃厚なら多少臭みがあったほうが……と思う。650円 
| なぜラーメンなのか | 高田馬場/西早稲田 | 00:00 | - | - | - | - |
西早稲田「からしや」★

ラーメンと思って入店したが、あまりにお薦めが強いのでトップメニューのからしそば(和えそば)に。ところがさっっぱり辛くない。テーブルのラー油はすごく辛いのだが、味も変わってしまう。オーダーの時に「辛く」と言うべきだったようだ。700円
| なぜラーメンなのか | 高田馬場/西早稲田 | 00:00 | - | - | - | - |
高田馬場「とらとはと」★

ネタがなくなったら、神保町か高田馬場なんだけど。それも最近はなかなか。ひさびさの新店は二郎跡地。 ユニークな店名どおりラーもオリジナルたっぷり。スープは野菜の甘みを感じるがなんとも言いがたい味(ラーメンらしくないことだけは確か)。麺は淡麗系お決まりの冷麦系硬め。チャーシウがなんとも。燻製らしいのだが、単に焦げ臭いだけとも思える。これが子ぶりながらなんと6枚も。そして青味が「かぶ菜」。オリジナル満載なのだが、うまいかと聞かれると……。味玉が丸ごとなのがまたなんともマッチしていない。味玉半分、チャーシウ3枚で650円にすべき。750円
| なぜラーメンなのか | 高田馬場/西早稲田 | 00:00 | - | - | - | - |
西早稲田/高田馬場「陰山」★★

最近とみに増えている鶏白湯。そもそも好きじゃないのだけど、がまんして食べているうちに、とうとうがまんできなくなってきた。なのになぜここ? 坦々麺がうまいということで、つまり掟やぶりの始めからバリエ。スープは最高。嫌いな水菜も坦々なら許せる気がした。しかしまたもや麺は「これでないなにか」感が。基本坦々麺は細麺でしょ。 980円
| なぜラーメンなのか | 高田馬場/西早稲田 | 00:00 | - | - | - | - |
高田馬場/西早稲田「30」
 

ここはダメだろうと思って入れなかった店。そのとおりだったのだが、ただダメなのではない。すべてがバラバラなのだ。まずスープが薄い。そこに大量のモヤシ。モヤシってのは、二郎の定番であることからもわかるが、スープが濃いからマッチするのである。そして意外な低加水の中太麺。これも濃いスープなら良い。そして極めつけはチャーシウで八角で中華風の味付け。バランバランである。惜しい! 580円 (どうやらラーメン以外のものが旨いらしい)
| なぜラーメンなのか | 高田馬場/西早稲田 | 00:00 | - | - | - | - |
高田馬場/西早稲田「我羅奢」★
臨時休業や時間外で3回もふられていた店。トッピング増量無料というサービスがうれしい。メニューはイロイロだが、メインと思われる鶏白湯醤油にする。西山を思わせる田中製麺がなかなか。2枚にしたチャーシウがおいしい。3枚にしておけばよかった。凝った丼がマイナス。これが普通の白い丼だったら二つ星かも。700円 
| なぜラーメンなのか | 高田馬場/西早稲田 | 00:00 | - | - | - | - |
高田馬場「鷹流」×

忘れていたがまだ高田馬場で残っている店があった。以前来たけど、この店の外の御託で入店しなかった。苦手の鶏白湯だと思っていたら、違っていて白鶏麺ということ。 これの醤油なら……と思って入ったら「はじめての人はぜひ塩で」とのこと。しょうがないから従ったら、やはり失敗。スープはうまみがとぼしく、細麺はどんどんのびていく。780円
| なぜラーメンなのか | 高田馬場/西早稲田 | 00:00 | - | - | - | - |
高田馬場/西早稲田/面影橋「かんた」★



京都の四川ラーで有名な都飯店の流れを汲む店らしい。うまく言えないがなかなか独自性が高いジャンキーな味。まあもっとも近いと思われるのは坦々麺なので、それが550円で食べられると思えばかなりお得だ。坦々麺は安くて800円。1000円台はざらにある。細麺も良いが、ちょっとのびるのが早い気がした。

| なぜラーメンなのか | 高田馬場/西早稲田 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE