北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
根津「みのる」★

 

まだ根津。味噌専門店。あっさり目。どうやら辛味噌がウリのようだ。しかし950円は高いのでは?激辛は1000円。多加水の麺は良いのだが、モリズミあたりより若干延びるようだ。850円

| なぜラーメンなのか | 文京区と周辺 | 00:00 | - | - | - | - |
根津「たいこう軒」×

 

しつこく根津。一見してだめそうなのだが「東京ラーメン」につられて入ってしまった。醤油も出汁も薄い。そしてなんとモヤシが入ってメンマがない! ナルトの代わりにカマボコ。どこが東京ラーメンなのか。680円

| なぜラーメンなのか | 文京区と周辺 | 00:00 | - | - | - | - |
根津「オトメ」

 

柳の下をねらったらダメだった。しょっぱいだけであまり出汁の効いていないスープ。麺はフツー。青味はなぜかベビーリーフ。すごくしょっぱいチャーシウ。ちなみにみんな食べてるのは一品料理。ラーメンを食べる店ではなかったようだ。600円

| なぜラーメンなのか | 文京区と周辺 | 00:00 | - | - | - | - |
根津「ふくや」★★

 

そのうち行こうと思って数10年。やっと来てみたらすばらしい。ブラック手前の黒いスープ。しかし、しょっぱすぎず、出汁もきっちり。うれしいホウレンソウとナルト。2枚のチャーシウを1枚にして海苔が入り、そして薬味がもう少しあれば完璧。創業60年とのこと。550円

 

| なぜラーメンなのか | 文京区と周辺 | 00:00 | - | - | - | - |
後楽園「七ツ星」

 

丸ノ内線駅ビル内。鶏白湯焼麺が看板らしいのだが、1000円だからやめて普通の醤油らー。ちょっと白濁したスープはまあまあ。麺は麻生製麺とあまり聞かないとこ製だが、まったく普通だった。BGMはテレビ。780円

| なぜラーメンなのか | 文京区と周辺 | 00:00 | - | - | - | - |
千石「Pit」★

 

千石自慢より千石より。二郎系。太麺はたぶん全国一の固茹で。というか茹ってない。そういう意味では貴重。「麺本来の味をお楽しみください」ってのは冗談? これで「麺本来の」って言われても……。730円

| なぜラーメンなのか | 文京区と周辺 | 00:00 | - | - | - | - |
本郷三丁目/御茶ノ水「Noodle Sounds」★

 

新橋を転々としていた「おらが」がここに店名も新たに。ホタテ69がトップメニュー。ポタージュを思わせる濃度には若干抵抗あり。味はかなり複雑。オリジナルの太麺はイイ感じ。大根のミジン切りは×。チャーシウ炙りすぎ。BGMはブラック。850円

| なぜラーメンなのか | 文京区と周辺 | 00:00 | - | - | - | - |
白山「夢を語れ」★★

 

赤羽二郎→富士丸→京都→ボストン!→当店という流れらしい。いずれにせよ富士丸は、これまで食べた二郎系の中でも最も強烈かつ旨い店だった。あまりに昔でそれ以上の記憶はないが、たしかにこんな味だったと思う。麺の太さ茹で加減が絶妙。脂身の多い肉+背油なので、個人的には油少なめをおすすめしたい。750円

| なぜラーメンなのか | 文京区と周辺 | 00:00 | - | - | - | - |
白山「鶏の穴」

 

いつの間にか3軒が居並ぶ白山中腹。お目当ては夜のみだったのでこの苦手な鶏白湯の店へ。幸い辛いメニューがあったのでそれに。まあ鶏白湯が辛いそれだけ。結構辛いことのみ評価。740円

| なぜラーメンなのか | 文京区と周辺 | 00:00 | - | - | - | - |
春日「はぐれ雲」

 

貴重な新店だが苦手な鶏白湯。ブラックチキンというのを発見。残念ながらあまりブラックではなく家系もどきだった。鶏チャーシウはバジルが強すぎ。720円

| なぜラーメンなのか | 文京区と周辺 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE