北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
秋葉原「新福采館」★

 

麻布十番に支店ができたと聞いて、行こうと思っているうちに秋葉原にも出来た。昭和通りを渡った御徒町よりのちょっと分かりにくい場所。小ラーメン+小チャーハンという年寄りにうれしいセット。ラーメンはここまであっさり(薄味)だったのかという印象。本店と同じ味だとしたら、やはり濃厚豚骨醤油、富山ブラックあたりに味覚がおかされているのか? 950円

| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |
秋葉原「麺屋ココイチ」

 

ココイチがプロデュースするカレーラーメン。まあココイチのカレー自体それほど旨くないので、期待していなかったが、まあまあの出来。カレーラーメンと言えば専門店に実之和があるが(というか都内にはそれしかない?)さほど変わりない気がした。カレー味のラーメン、それだけといえばそれだけ。702円

| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |
秋葉原「いろは」

 

好物の富山ブラック。この店は博多ラーにおける一風堂といった感じで、富山ブラック入門的な店。現地でもイマイチだったが、このヨドバシカメラ内の支店はさらに……。高いし。富山ブラックをこの程度と思わないで欲しい。850円

| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |
秋葉原「むぎとオリーブ」

 

銀座と違ってこちらは行列がないということで行ってみた。その通り。鶏白湯でないことを確認してトップメニューの鶏そば。すごい醤油スープ。富山ブラックのように甘味がある訳でもなくダイレクトに醤油。うーむ。棣鄂の麺も期待していたほどではない。意味不明な長芋やカマボコもどき、三つ葉、鶏節もいらないからメンマが欲しい。880円

| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |
秋葉原「広」★★

昭和通りを渡った先。大好きな広島ラーの店(もちろんだが、尾道とはぜんぜん違う)。現地で食べたどの店より濃厚スープだが、フレッシュなのがいい感じ。700円 
| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |
末広町「十紋字」★

がんこ跡地。家系。濃厚スープはなかなかの味。いまやラー700円はあたりまえとなったが、端数が気になる(ケチ)。720円
| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |
末広町「WATARU」★

14種類の野菜の味噌ラーとのことだが、モヤシ、キャベツ、白菜、タマネギ、人参、ニラ、ネギ、水菜、コーン、キクラゲ までしか確認できず。780円
| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |
秋葉原「福の軒」★★

駅前の優良店。本場と遜色ない博多ラーが380円。今回は辛々。これまた良し。450円
| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |
秋葉原/岩本町「汐屋まる長」

最近日比谷線秋葉と岩本町が乗り継ぎとなった。歩く距離は同じだが料金が100円近く安くなる(30分以内)。 その途中にあるのがこの店、店名からして塩がトップメニュー。1年に1度の塩にしようかと思ったら、醤油に「焦がしネギ」とあるのでそれに。ところがこの焦がしネギがさっぱり効いていない。ホウレン草も入ってるし、多加水の麺もなかなか良いのだが、この魅力ないスープでは星をつけられない。やっぱ塩にしとくべきだったか。750円
| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |
秋葉原「学」

読みは「さとる」、スープだけは良い。全粒粉の麺はなぜかニチャニチャ。そして、カイワレもバツだが、決定的なのがメンマの代わりに切干大根! センスを疑うしかない。700円 
| なぜラーメンなのか | 秋葉原 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE