北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
御茶ノ水「立川マシマシ」

 

増殖する二郎インスパイア。ミニ(値段は同じ)があってうれし。それにしても味が濃い。東京で(日本で?)一番濃い味は「平太周」だが、塩分だけを比べるとここが一番かも。まあ常軌を逸しているとしか言いようがない。さらに“濃い目”のオーダーもできる!麺は平凡。750円

| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「博多天神」

 

通り過ぎようと思ったら「味噌」の二文字が目に入って、勢いで店にも入った。想像した通り、博多の麺に味噌はまったくもって良いことなし。悪いことも別にないが。500円 

| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「魚とん」

 

とろ肉つけ麺がメイン。とろ肉→いらない、つけ麺→イマイチ。ということで行っていなかったのだが、普通のラーもあるようなので行ってみる。ところが全然普通のラーではなかった。メンマなし、シャーシウなし。トッピングはネギとキクラゲだけ。スープはあっさり、麺は細麺。なんともさみしい限り。650円

| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「魯山人羅麺 廣山」

 

なぜかまた来てしまった。今度は普通の値段の醤油。薬味の細かい微塵切りが乗っている以外は普通。チャーシウなし。スープは中華出汁そのままって感じ。680円

| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「魯山人羅麺 廣山」×

 

価格ゆえなかなか行く気になれなかったこの店。ネタ切れで行ってみた。どうせならとトップメニューの特選味噌。麺もスープも平凡。味変の辛玉もさっぱり辛くなく、しょっぱくなるだけ。スペアリブもボリュームだけで味的にまったく工夫なし。やたらでかい器も食べるのにマイナス。醤油は普通の値段なのでまた来ることは……あるか? 1200円

| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「睡蓮」★

 

御茶ノ水といってもかなり北、蔵前橋通り沿い(大至近く)。ラーメンが売り切れのことが多く2回敗退。今回もなし。しかたなく今年初つけ麺。うまいいのだが、つけ汁甘すぎでは? スープ割なし。780円

| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
淡路町/小川町「きび」★


まったく存在を忘れていた、中堅老舗(?)。全体に正しい中華ソバ(こちらは支那そば)だが、メンマがいけない。どこかで買ってきた(あたりまえか)ような味付け。これはだめやろ。700円
| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
お茶の水「日乃屋」★

大至の周辺が超激戦区に。ちょっと離れた雅ノ屋を入れるとその数なんと6軒。その中の睡蓮 に行ってみると、現在つけ麺のみとのことなのでパス。どちらかというとカレーのほうが有名なこの店へ。しかし中華そばもなかなかなもの。650円
| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
お茶の水「大至」★

うーむ。絶対的信頼の店なのだが、味が落ちたとしか思えないのだが、たまたまこの日が不調だったのかだが。ただ求道タイプの店だからそれは考えられない。 また、1年後にでも来てみよう。670円
| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「藤九朗」

日本橋のこんどう軒が名前を変えて移転のようだ。変えなければ日本最古の店のひとつかもしれないのに、なんとももったいないことだ。ラーメン自体は変わりないようで、よく言えばすっきりした、悪く言えばパンチのない味。700円 
| なぜラーメンなのか | お茶の水 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE