北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
小川町「Zect」★

 

トラットリアが土曜日のみ創作ラーメンを提供。今日は酒粕。さまざまな味がミックスされていて、なにがなんだかって感じ。オリジナリティーは評価したい。ブログでメニューが分かるようなので、もうすこしノーマルなメニューの時にまた来て見よう。900円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「南風」★

 

かなりの路地裏。「軽食」ときた。ラーメンは当然中華そば系が出てくるかと思いきや、水菜がトッピング、麺が多加水中太、メンマでなくザーサイとかなり個性的。スープは薄めなのが残念だがしっかり旨みあり。540円。

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「ひのとり」

 

この一帯で唯一残っていた未食店。にぎやかな店に挟まれた鰻の寝床。博多鶏炊き濃厚ラーメンとのことだが、要は鶏白湯。中太ちぢれ麺というのがちょっとオリジナルか。変なテイストの麩はやめたほうが良いだろう。780円。新年早々無星が続く。

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「一竜」

 

お目当ての本郷の店が閉店していたので清水坂下へ。今や5,6軒を数える激戦区。一番新しいチェーン店に「たぶん未食」ということで入って見る。予想どうり豚骨臭なしのまったく“本格的でない”博多ラー。しかも高い。680円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「まとい」★

 

印象的な五差路角の店。実は小川町に五差路は2か所あり、最初は1か所と思っていたので、行くたびに店が変わると思っていた。こちらは松栄亭がないほう。普通のラーメンを食べに来たのだが坦々麺650円に反応してしまう。これは相当安いのでは? ひょっとして東京で一番安い? 実態はまったくもって普通の坦々麺。開華楼の麺がかなり固め。

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「立川マシマシ」

 

増殖する二郎インスパイア。ミニ(値段は同じ)があってうれし。それにしても味が濃い。東京で(日本で?)一番濃い味は「平太周」だが、塩分だけを比べるとここが一番かも。まあ常軌を逸しているとしか言いようがない。さらに“濃い目”のオーダーもできる!麺は平凡。750円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「博多天神」

 

通り過ぎようと思ったら「味噌」の二文字が目に入って、勢いで店にも入った。想像した通り、博多の麺に味噌はまったくもって良いことなし。悪いことも別にないが。500円 

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「魚とん」

 

とろ肉つけ麺がメイン。とろ肉→いらない、つけ麺→イマイチ。ということで行っていなかったのだが、普通のラーもあるようなので行ってみる。ところが全然普通のラーではなかった。メンマなし、シャーシウなし。トッピングはネギとキクラゲだけ。スープはあっさり、麺は細麺。なんともさみしい限り。650円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「魯山人羅麺 廣山」

 

なぜかまた来てしまった。今度は普通の値段の醤油。薬味の細かい微塵切りが乗っている以外は普通。チャーシウなし。スープは中華出汁そのままって感じ。680円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「魯山人羅麺 廣山」×

 

価格ゆえなかなか行く気になれなかったこの店。ネタ切れで行ってみた。どうせならとトップメニューの特選味噌。麺もスープも平凡。味変の辛玉もさっぱり辛くなく、しょっぱくなるだけ。スペアリブもボリュームだけで味的にまったく工夫なし。やたらでかい器も食べるのにマイナス。醤油は普通の値段なのでまた来ることは……あるか? 1200円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE