北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
神保町/小川町「龍福軒」

 

新店。台湾料理店でなんと台湾ラーメン。台湾ラーメンを台湾の料理人がコピーしたと思うとおかしい。まあまあだったが、セットの炒飯をいらないと言ったのに、10円も安くならないから星なし。880円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「ほん田」

 

ラーメン350円で有名な(?)店。今回は奮発して味噌。麺固めは正解だったし、なかなか質の高い麺であることを確認。味的にはまったく特徴のない味噌ラー。500円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
淡路町「牛辛麺」★

 

新店。シンプルな外観につられて入って見る。麺はフォーだった。しみじみ旨みが伝わるスープ。牛肉も入るが、チャーシウは豚、これがなかなか。750円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「蓮家」

 

らーめん酒場ということで素通りしていたのだが、ネタ切れでしかたなく入って見る。実態は家系だったが、家系のルールを守っていない。海苔が3枚でなく2枚だし、太麺の場合柔らかめがマストなのに固め、生姜がない。680円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水「なおじ」★

 

ひのとりから新店になった鰻の寝床。ただ「なおじ」って随分前に数か所あったような。その関係は分からず。とにかく今は新潟に本店がある燕三条系。こちらは煮干しが強い。多加水の太麺は食べ応え十分。720円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「魚とん」★

 

前回中華そばでイマイチだったので、こんどは看板メニューのカレーつけめん。きしめんを思わせる平打ち麺はなかなかだが、つけ汁がまったくただのカレー。ジャガイモまで入っている。750円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「四川一貫」

 

これでこの通りの中華は制覇。店名からして当然坦々麺。しかも週サービスで750円→650円。出てきたのは一見広東麺がほのかに赤くなった感じ。当然辛くない。まずくはないがこの店名でこの坦々麺(と呼べるのか?)はないだろう。650円で良かった。

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「上海台所」★

 

なんとラーメン+麻婆丼or炒飯+サラダ+シウマイ+杏仁豆腐で700円と言うCPの高さ。さらにラーには八角プンプンの角煮が乗る。麺も中華飯店らしからぬ多加水の太麺。杏仁豆腐も旨いという優良店。

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
小川町「金陵」

 

広東麺か坦々麺でも食べようかと思い入って見たら、麺のメニュートップに「特製醤油ラーメン」とある。迷わずそれ。中華飯店にしては硬めの麺(すぐのびるが)。スープは醤油強めでまあまあ。青味(小松菜)が多めなこと以外「特製」を見いだせず。消費税がなければひとつ星かも。648円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |
御茶ノ水/小川町「嘉賓」★

 

安くて普通に旨い中華の有名店。四谷には何回か行った。ラーメンがメニューになかったのでワンタン麺にする。具がたっぷりのワンタンに麺は低加水。当然麺を先に食べるべし(ワンタンは熱いし)。大根モチ(まあまあ)と杏仁豆腐(ダメ)付き。750円

| なぜラーメンなのか | お茶の水/小川町 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE