北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
伊豆高原「潮菜」★
 

城ヶ崎ボルダー取材2日目。インストラクターのSが、ちょっとだけおすすめの店。ムロアジを出汁に使った「むろ醤油ラーメン」がトップメニュー。磯の味、香りがただようなかなかのスープ。麺がもうすこし、しゃんとしていれば良いのだが。おまけでひとつ星。とんこつもあれば、生味噌という気になるメニューもあった。650円
| なぜラーメンなのか | 静岡 | 00:00 | - | - | - | - |
城ヶ崎海岸/伊豆高原「福○家」

城ヶ崎ボルダー取材。「ふくわうち」と読む。最近できた店。まずお目にかかることのないすごーーくやわらかくて白い、うどんのような麺に、すごーーくあっさりしたスープ。 別荘地にはお年寄りも多いようなので、そのあたりを狙ったのか? かなり意味不明。餃子はまあうまい。600円
| なぜラーメンなのか | 静岡 | 00:00 | - | - | - | - |
南伊東「こうや」★★★
メインストリートからはるかに外れた死角にこんな店が。白濁豚骨醤油と言う事で家系に近いのだがすこし違う。限定メニューは魚介系なのだが、この店の特徴が隠れるような気がした。デフォのラーで行きたい。今年は〆が完璧でよかった。BGM? ある訳ないだろ。三つ星にはロケーションがプラスされています。
| なぜラーメンなのか | 静岡 | 00:00 | - | - | - | - |
沼津「豚平」★


今年の食べ納め。沼津インター手前。地元で人気の手打ちラーメン店。手打ちというと平麺ちぢれが多いが、ここは丸太麺。これがツルツルで良い。チャーシウも旨い。スープはしっかり醤油。
| なぜラーメンなのか | 静岡 | 00:00 | - | - | - | - |
熱海「わんたんや」


家族旅行。熱海の老舗。今まで行かなかったのは店名のせいか。ところが別に雲呑がウリではないラーメン屋だった。家族4人なのでラー×2、雲呑麺、チャーシウ麺、餃子を注文。麺もスープもまったく特筆なし。麺はむしろダメなほうに入る。チャーシウはまあ旨い。雲呑はほんとにただのペロペロ雲呑。餃子は大きめだが4個で600円、味は普通。そしてビール(まさか大瓶だろう)が750円! 熱海だから?
| なぜラーメンなのか | 静岡 | 00:00 | - | - | - | - |
藤枝「マルナカ中華蕎麦」★★


なぜか朝ラー文化がある静岡中部。なんと8時から開店する店多数。その中でもここは大正8年創業の店。現存するラー店で最も古いのでは? 我が家族はホテル朝食(9時)後の10時ということで、全員駐車場で待機。中華そば450円を注文。なんと「あったかいほうですね」と聞いてくる。周りに耳をそばだてると、あちこちで「あったいほう」「つめたいほう」という言葉が飛び交う。「冷たい」550円は「冷やし中華」ではなく、山形冷やしラーメンのようなもの。しかも驚くべきことに、2人に1人が、両方を食べる! ちょうど1000円になるように値段も設定されている。そしてラーの中味は。油がまったくない醤油味スープに、太い素麺といった感じの麺。想像するにラーメンの発展途中、そこから取り残されたのではないだろうか? 静岡に行くことがあればぜひ。観光ラーとしてイチオシ! 事前にラーメンを食べると思わないこと。いやあ、これだからラーは面白い。 
| なぜラーメンなのか | 静岡 | 00:00 | - | - | - | - |
富士「大山」★


静岡県で一番人気の店。家族ラーだったので、醤油、トンコツ、塩、駿河塩、の4種を味わう。醤油、トンコツ、駿河塩はまあまあ。駿河(桜海老の香油のせ)塩はかなり良い。駿河醤油ならさらに良いかも。だが、新開発のうどん風太麺と、もう飽き飽きしたレトログッズの展示と、BGMが長渕剛と、マイナス要素が多すぎる。
| なぜラーメンなのか | 静岡 | 00:00 | - | - | - | - |
伊豆高原「木八」★


駅の南側すぐ。ライト背油系。モヤシが乗る。チャーシュー、海苔があまりに小さく、ここまでケチらなくてもと思ってしまう。650円。ちなみにチャーシュー麺900円。チャーシュールー麺1150円。チャーシュールー麺とは? 期待したのに、ただチャーシューが多いだけだって。
| なぜラーメンなのか | 静岡 | 00:00 | - | - | - | - |
白浜「白浜食堂」★
伊豆下田の白浜です。店名と店構えから当然中華そば系を想像していたら、なんと博多ラーメンだった。スープが茶色くあっさりながらコクがある。しかしなぜかぬるかった。麺はいささかゆですぎ。ネギ、キクラゲ、紅生姜などケチらずにもっと入れて欲しいものだ。
| なぜラーメンなのか | 静岡 | 00:00 | - | - | - | - |
掛川「聖夜」★


まずは店名で圧倒される。読みはノエル。そしてログハウス風店構えにも。迷った末、デフォルトでなく特製中華そば(700円)にする。黒ごま、ひき肉、マー油入り。なかなかで、やはり中華そば(600円)ではさびしいことが想像される。肉の臭みが残るチャーシューは不要。ひき肉は沈んでいるので時々すくいあげる必要あり。麺は低加水で、硬めにゆで上げられてはいるのだが、早めに延びていく。場所は掛川駅北東、バイパスでない1号線から(看板あり)細い道を北に入ったところ。
| なぜラーメンなのか | 静岡 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE