北山真のラーメモ

開拓王のラーメン開拓メモ
高岡「ありがとうらーめん」★


国道8号線沿いで深夜営業(朝6時まで!)ということで、なんとなく背油系、二郎系をイメージしていたのだが、意外とメニュー豊富なファミリー系だった。席数もかなり多い(40?)。定番と思われる、こってり豚骨醤油にする。スープはまた分析不明な独自味が20%ぐらい感じる。ちょっと胡麻風味も。とにかく、なにかすっきりしないのはおとといと同じ。ラーメン好きトップクライマー3名といっしょだったので、それぞれ違った味にしてもらったが味噌系はぜんぜんだめ。こってり塩がさらに独自性を感じられる気がした。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
福光「ひろまる」★

福光といえば「春乃色食堂」だが、これまたこんな場所にの店。高岡でやってた店が来たらしい。それにしてもこんな大きな店構えで、大丈夫かな? メニューはバリエーション豊富でやる気が伺える。こってり醤油がスタンダードなようなのでそれにする。麺の太さが2種類あり、こってりということで当然太麺に。この自家製麺がなかなかのもの。スープはトンコツメインだが、かなり独自性を感じる。和風では決してない。しっかりおいしいし、どこが悪いか指摘できないのだが。イマイチふっ切れていない印象が残った。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
福野「真太そば」★


富山・南砺市日帰り行。なんと市は最近の合併でできた。フランスのナントと姉妹都市計画はない? シェルブールの雨傘で「ナントになんとなく」ってのがあったけど、あれの原文はどういう駄洒落だったのだろう? 福野駅の駅前にあり、かなり大きめの店。メニューもバリエーションが多い。が私は当然スタンダード。ライトトンコツ醤油だが、スープに甘味がありなかなか良い。隣町福光には、このブログのトップページの「春の色食堂」がある。いまや電車での旅がもっとも贅沢ということになるのだろう。この城端線で缶ビールでも飲みながらラーメンを食べ歩くなんて余裕の時は、いつか訪れるのであろうか。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山「めん八・婦中店」★★★


昨年、小杉の本店にすでに三ツ星をつけている。この婦中店には「中華そばDRY」なるメニューがある。DRYとは辛口だからブラック。納得。もとの中華そばも結構しょっぱいので、これはいささかしょっぱすぎだが、大喜、喜八ほどではない。限界ぎりぎり手前。本店に負けているのでラーメン自体は二ツ星半。しかしその店構えとロケーションで三ツ星。ぶ厚いチャーシュー3枚は多すぎ。2枚でいい。どうしても3枚にするなら味を薄くするべき。700円。富山市街からは、婦中大橋を渡り国道359号の速星(一号)という交差点で左折、二つ目の信号を右折。住宅街の中にある。空港から南下し新保大橋を渡ってアプローチすれば、なお「こんなところに」感が強まるであろう。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
高岡「翔龍」★★


富山屈指の人気店。しかも高岡は激戦区らしい。ジャンル的には北海道なのか、辛いラーメン、味噌ラーメンとかもある。しかし、がまんしてここは醤油ラーメン。けっこうブラック来てる。魚介の香りもする。薬味は多めでしかも分厚いのが良い。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山「喜八」☆


富山ブラック便乗店か? やたらブラックがうるさい。そば、うどんなどもありラーメン専門店ではない。いくらなんでもしょっぱすぎ。食べ物の範疇を出てしまっている。塩ダレ漬けのメンマは、食べないのが原則? 食べたら後悔するにきまっている。ちょっとぼそっとした麺はちょっと評価。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山「万里」★

灼熱の富山ブラックツアー開始。酷暑の中、極しょっぱい醤油ラーメンを食べる、いとおかし。大きなチャーシューをほぐしながら食べろとの指示。太麺でちぢれ。これはブラックにすごく合う。ここはラードが多めなのでなおさら。解せないのは薬味がすごく薄いこと。スープにとけてしまうほど。しょっぱさは中の上程度。でも私以外の3人は全員ライスもいっしょに食べていた。メンマが薄味なのが考慮されてるって感じ。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山・福光「春の色食堂」★★★?


このHPの撮影のための2回目。ラーメン世界遺産指定の店構えはなんとか健在。麺がさらにやわくなった気がするが。よりスローになったご主人の動きを見て納得。店名が味になったようなふわーっとしたスープは、あいかわらずすばらしい。400円
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山・小杉「いろは」★☆
見た目の黒さはすごい。麺も黒く染まっている。味はそれほど濃くはない。全体に大喜より食べやすい。残念なのは麺がフツーのつるつる系であること。とろけるチャーシューも平凡。半ラー470円あり。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |
富山・小杉「まるたかや」★★


富山ではまあ有名なチェーン店。ブラックではない。きりっとしたスープと、めん八と似たすばらしい麺。揚げ玉を入れるとちょっと背油っぽくなり、甘味が増す。しかも直接食べても背油よりうまい。チャーシューは見た目はフツーだがしょっぱい。しかし大目のメンマ(10本以上)がうす味でバランスがとれている。しかも590円。おでんあり。
| なぜラーメンなのか | 富山/石川 | 00:00 | - | - | - | - |

PAGE TOP

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE